階段を降りる人

postheadericon 遺品処分の必要性

現代に社会情勢において孤立死などもたいへん増えてきています。
地域住民同士のコミュニケーションも少なくなってきているので家の中が大変な状態で遺品処分を行わなければならない場合もあるでしょう。
急な事故などでなくなって賃貸住宅に住んでいた場合などはすぐに明け渡す必要があるため、早急な遺品処分が必要です。
こうした社会情勢において便利屋における遺品処分は効率よく作業してもらえて、必要書類の選り分けや廃品回収も一度に行えるので遺族にとって便利な選択肢の一つと言えます。

荷物をもった男性

postheadericon 遺品処分

離れて暮らしていた家族が亡くなった時、葬儀の後に頭を悩ますのが遺品処分。
自宅であればゆっくり休みの日にでもきて時間をかけて片付けることも可能ですが、賃貸住宅の場合早く片付けなければいけません。
近くであればいいのですが遠方だととても大変です。
行政手続きから形見分けの品をどうするのか、故人の思い入れのあるもの達であふれている部屋で感傷に浸るヒマもないと思います。
そこで利用したいのが便利屋です。
故人の遺品処分を担ってくれるところがあるので相談してみると良いでしょう。

便利屋を利用しよう
それでは、便利屋ではどのような事をしてくれるのでしょうか。
業者によってサービスは様々ですが「遺品の供養」故人の思い入れのあるものを供養してから処分してもらえます。
「形見品の配送」形見品を全国の親族へお届けします。
「行政手続き代行」遠くて手続きに行けないご家族に代わってお手伝いします。
「廃品回収」不要な物の処分。
多彩なサービスがあるので、業者に問い合わせた際どんなことまで手伝ってもらえるのか確認して自分にあった業者を選ぶと良いでしょう。

廃品回収
一緒に暮らしていても遺品を処分するのはとても大変です。
多種多様な処分するものが出てきます。
この場合も便利屋を上手に利用して廃品回収をしてもらうと良いでしょう。
街の中によくある廃品回収業者を利用してもいいのですがどうしても廃品回収してもらえるものが限られてしまったりします。
その点、便利屋の場合廃品回収できるものは回収して他のものは処分というふうにお願いすることもできます。
故人の残したものを整理して、天国の故人へと気持ちが届くような遺品整理ができると良いですね。

段ボールと男性

postheadericon 一人暮しの高齢者

最近は一人暮しの高齢者が社会問題化しています。
子供達が巣立って別に家庭を持ち、老夫婦が取り残されるのはよくあるケースです。
老夫婦のどちらかが先に亡くなると、残された方は必然的に一人暮しになります。
子供達が頻繁に訪れてくれれば心配ないのですが、遠方で暮らしているとなかなかそうもいかないのです。
そんな一人暮しの親が亡くなった場合、困るのが遺品処分です。
高齢者は長く生きてきたので、遺品の数もたくさんあります。

遺品処分の難しさ
遺品の中には、残された子供にとっても思い出深いものがあります。
それらを処分するとなると、逡巡して片付かないのです。
そのような時には便利屋に遺品処分を依頼するのが一番です。
便利屋は遺品に対する思いなどはありませんから、事務的に処分してくれます。
遺品に限らず残された家具類や電化製品などの処分も、便利屋に頼むことができます。
中には使える電化製品などを買い取ってくれる業者もあります。
不要品などは廃品回収に出してくれます。

ノウハウのある便利屋
便利屋には上手に遺品を整理するノウハウがあります。
例えば写真のアルバムなどは思い出が詰まっているため、廃品回収に出すのは考えものです。
そのような時は必要な写真だけ剥がして、かさばるアルバムだけを廃棄すればいいのです。
便利屋によっては剥がした写真をDVDにスキャンして、保存してくれるサービスをしているところもあります。
亡くなった高齢者がアパート住まいだった場合には、室内を奇麗にして明け渡す必要があります。
そのような場合でも便利屋は部屋をクリーンに掃除してくれます。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930